step4 ②カテゴリーを選択しましょう。

WordPress(ワードプレス)で、記事を新規で追加していくと、古い順に記事が溜まっていきます。

記事内容をジャンル別に「カテゴリー」で分けていると、まとめて読むことができますので、購読するユーザーにも「カテゴリー」で分けてあることで目的の情報を読んでもらいやすくなります。

初期のカテゴリー設定は「未分類」だけですが、ここで一緒に作っておきましょう。

カテゴリー

②「カテゴリー」→③「新規カテゴリーを追加」で作成します。

カテゴリーに
④「お知らせ」が出来ました。

 

応用として、
他にもカテゴリーを作り、1つの記事を複数のカテゴリーに登録も出来ます。

「お知らせ」以外にも作っておくといいカテゴリーは
「キャンペーン情報」
「最新情報」
「出来事」「トピックス」
「ニュース」
「キャンペーン情報」
「プレゼント」
「店長日記」
「スタッフから」
「社長の一言」
「○○の独り言」
「新商品のご案内」などなど

業種やサービスに合わせて考えてください。

次回から「新しく記事を書く」場合、チェックを入れるだけです。
「カテゴリー」の存在をお忘れなく!